地域や規模により内容・条件が異なる外科医の求人事情

偏在の影響で地域差が見られる求人事情


外科系全ての診療科目を合わせると、内科の次にその数が多いと言われており、非常に需要があることがわかります。
身体に何か問題があれば最終的には手術を施さなければならない、あるいは内視鏡などを用い検査を行わなければならず、他の分野と比べても重要な存在であることから、携わる医師の数が多くなることは必然なのでしょう。
加えて、この分野は各領域に細分化されているのも特徴的であり、それも医師数の多さに関係しています。

当然、求人情報も数多あるのですが、地域により数や待遇等に違いがあることは否めません。
言うまでもないかもしれませんが、都市部では多くの求人が出ており、特に関東にそれが集中している状況です。
範囲の割に比較的求人数が多いのは北海道でしょう。
規模の大きな病院も多いことから、この分野の求人がとても多くある状況です。

ただ、都市部であれば待遇がいいかと言うと、必ずしもそうではありません。
医師不足が特に顕著なエリアでは、それを解消しようと待遇の良い求人も出てきており、働く場所にこだわらなければ、あるいは収入増を目的に転職を考えるのであれば、都市部から離れたエリアは狙い目と言えそうです。
医師の求人事情全般に言えることではありますが、外科分野も例外ではなく、そのような地域差があることを考慮しつつ活動すると、より良い転職へと繋がるのではないでしょうか。

医療施設の規模により異なる募集傾向


医師の求人事情には地域差があり、それぞれで医師募集の傾向も異なると述べましたが、各エリアに限定したときにもそのエリア内でそれぞれ事情や傾向が異なることがあります。

例えば、都市部に関して言えば、大規模病院よりも病床数の少ない病院に求人が偏っている傾向が見られます。
医師の数そのものが増えていることで、まずは大きな規模の病院がそれを確保し、しかし規模の小さな医療施設では十分な数の医師が依然と確保できていないため、そのような募集傾向になっているのでしょう。

規模が大きければ、それだけキャリアを向上させることに寄与するはず。
症例数も多く難しい手術に携わることもできれば、それが可能なだけの設備も整っているからです。
しかし、そうした病院では将来性のある若い医師を募集する傾向も見られるため、ある程度年齢を重ねていると採用される可能性は下がってしまうという弊害も出てくるでしょう。
逆に医療施設の規模が小さければ、転職は可能かもしれませんが設備の問題や人材不足から過酷な労働環境を強いられることも少なくなく、転職先選びが非常に困難になる可能性が出てきます。

あらゆる要素を総合的にチェックし冷静に転職先を見定めるようにすること、これが転職成功に欠かせない意識となるはずです。